網走刑務所

名称:網走刑務所
郵便:〒093-0088
住所:北海道網走市三眺
電話番号:0152-43-3167
FAX番号:0152-61-2167

スポンサーリンク


アクセスマップ

網走刑務所について

網走刑務所は北海道網走市にある、国内最北端の刑務所です。
刑期10年未満で年齢が26歳以上の犯罪傾向が進んでいる受刑者(B指標受刑者)を収容する短期累犯刑務所になります。

定員759名でしたが、2004年頃から拡大整備工事が行なわれ新収容棟が増設、現在の収容定員は1560名となっています。

映画やマンガなどに登場することも多く、府中刑務所と同様で日本の代表的刑務所になっています。
かつては日本一脱獄が困難な刑務所と言われていました。明治の脱獄王「西川寅吉」や昭和の脱獄王「白鳥由栄」らが収監されていたことでも有名です。

名称網走刑務所
処遇指標
(収容分類級)
B
※詳細は処遇指標(収容分類級)をご参考下さい。
住所〒093-0088
北海道網走市三眺
電話番号TEL:0152-43-3167  FAX:0152-61-2167
アクセス網走駅から約2.1km(徒歩で約35分)
収容定員約1,560人
刑務作業自営、木工、金属、農業、職業訓練など
スポンサーリンク

服役生活の詳細

作業時間1日8時間(改善指導などの時間も含む)
一般改善指導規則正しい生活習慣、および健全なものの見方や考え方を身に付けさせる等の養成
特別改善指導【改善更生・円滑な社会復帰に支障がある受刑者】
薬物依存離脱指導、暴力団離脱指導、被害者の視点を取り入れた教育、交通安全指導、就労支援指導などを実施
教科教育国語・算数などの学科教育、通信教育(ペン習字・簿記・自動車講座など)
情操教育絵手紙、書道、詩吟等のクラブ活動、読書などを通じて情操かん養
宗教教誨教誨師による仏教・キリスト教・神道などの講話、宗教行事等
篤志面接篤志面接委員による個別または集団面接指導、悩み事の解決、一身上の相談、出所後の生活設計などの助言指導
職業教育部外講師による珠算指導等
余暇活動体育訓練(卓球・ソフトボールなど)、レクリェーション(映画・テレビ・演芸など)、施設外教育(成績良好者は流氷見学やサンゴ草見学などの施設外での教育)など

刑務作業

自営炊事、洗濯、運搬、大工、左官、建築、土木など
木工ニポポ人形制作、木製パレット製作、彫刻作業、木製玩具製作、カーフハッチ製作、チップ生産
金属脚立製作、パイプフレームハウス製作、スーパーカーフハッチ製作、コンテナ製作、金網製作
農業馬鈴薯、南瓜、野菜類、金時豆、小豆、永年牧草、肉牛
その他湯呑茶碗、絵皿、ビールジョッキー、酒器、アイススティックの選別結束、経木加工、キット袋詰、ホタテ網修理
職業訓練土木科

1日の生活スケジュール

6:40起床
6:55点検
7:05朝食
7:40始業
9:30休息(15分間)
11:40昼食
12:20就業
14:30休息(15分間)
16:20終業
16:40点検
16:50夕食
21:00就寝

網走刑務所の歴史

明治23年3月釧路監獄署網走囚徒外役所として開設
明治24年7月北海道集治監網走分監と改称
明治29年4月二見ヶ岡構外泊込作業場開設
明治36年3月網走監獄と改称
明治42年4月山火事の延焼により庁舎等を焼失
明治45年3月火災復旧工事完成
大正11年10月網走刑務所と改称
大正13年12月住吉構外泊込作業場開設
昭和23年12月重警備刑務所に指定
昭和24年1月収容区分制定により長期受刑者を収容
昭和31年5月切通構外泊込作業場開設
昭和43年11月収容区分改正によりB級受刑者を収容
昭和47年6月施設全面改築工事着工
平成2年3月本所開基100周年
平成5年11月施設全面改築工事完成
平成9年3月二見ヶ岡構外泊込作業場改築工事完成
平成16年7月拡大整備工事着工
平成17年12月拡大整備第1期工事完成
平成19年9月拡大整備第2期工事完成
ページトップ
Copyright © 2012-2016 刑務所.net All Rights Reserved.