笠松刑務所

名称:笠松刑務所
郵便:〒501-6095
住所:岐阜県羽島郡笠松町中川町23
電話番号:058-387-2175

スポンサーリンク


アクセスマップ

笠松刑務所について

笠松刑務所は岐阜県羽島郡にある女子刑務所です。
名古屋矯正管区内で唯一の女子受刑者(W指標)を収容する刑務所になります。

ネイリストへの就職を目指す美容科、コールセンターオペレーターの就職を目指すコールセンター科など、女性の就労先としてニーズのある職種の職業訓練が豊富に実施されています。

名称笠松刑務所
処遇指標
(収容分類級)
W
※詳細は処遇指標(収容分類級)をご参考下さい。
住所〒501-6095
岐阜県羽島郡笠松町中川町23
電話番号TEL:058-387-2175
アクセス西笠松駅から約660m(徒歩で約11分)
岐阜各務原ICから約9.3km(車で約20分)
収容定員約520人
刑務作業自営、洋裁、金属、職業訓練など
スポンサーリンク

服役生活の詳細

作業時間1日8時間(改善指導などの時間も含む)
一般改善指導対人関係円滑化指導など
特別改善指導【改善更生・円滑な社会復帰に支障がある受刑者】
薬物依存離脱指導、交通安全指導、被害者の視点を取り入れた教育、就労支援指導
教科教育国語・算数などの補習教科指導、高等学校卒業程度認定試験の受験に向けた特別教科指導など
余暇活動通信教育(ペン習字、簿記など)、クラブ活動(書道、茶道、短歌、絵画など)、新聞・図書の閲覧、宗教教誨、観桜会、運動会、盆踊り、テレビ視聴、各種行事など

刑務作業

自営炊事、洗濯、清掃など
洋裁作業衣、ニット製品、さしこ製品
金属ワイヤーハーネス組立、電子部品組立、バネ組み込み
その他七宝焼製品加工、美容院の営業、子守帯仕上げ、紙袋仕上げ
職業訓練美容科、ビル設備管理科、ホームヘルパー科、ビルハウスクリーニング科、調理科、クリーニング科、美容科(ネイリスト)、DIY科、コールセンター科

取得可能な資格

美容科美容師国家試験
ビル設備管理科2級ボイラー技士、乙種第4類危険物取扱主任者
ホームヘルパー科訪問介護員2級
ビルハウスクリーニング科ビルハウスクリーニング技能士(出所後に関連業種で3年間従事する必要あり)
調理科調理師
クリーニング科クリーニング師
コールセンター科秘書検定3級

1日の生活スケジュール

6:30起床
7:00朝食
7:40出寮
7:50始業
11:50昼食・休憩
12:35始業
14:40休憩
14:50就業
16:45終業
16:50帰寮
17:10夕食
21:00就寝

笠松刑務所の歴史

昭和23年5月法務省が、東洋産業株式会社から現在地に紡績工場・付属建物・敷地の寄付を受ける
昭和23年9月岐阜刑務所主管笠松女子紡績作業場として発足し、同月13日笠松女子職業学園と改称
昭和24年6月笠松刑務所として官制上改正され、新設の女子刑務所として独立発足する。収容定員は350名となる
昭和25年1月特別少年院(女子)が併設され、同年10月12日、同少年院は、笠松女子職業学園と称される
昭和27年12月併設特別少年院(女子)が廃止
昭和28年7月美容師養成の職業補導実施施設に指定され、同年11月4日笠松美容専門学校の認可を受ける
昭和60年3月施設全体改築工事着工
平成3年9月職業訓練としてボイラー運転科を開設
平成11年1月職業訓練として介護サービス科を開設
平成14年3月簡易居室棟(第3寮)が完成し、受刑者の収容定員は437名となる
平成15年12月食堂棟が完成
平成16年3月新収容棟(第1寮)が完成。収容定員が532名となる
平成17年6月浴場棟が完成
平成19年4月職業訓練としてビルハウスクリーニング科を開設
平成21年9月ボイラー運転科がビル設備管理科に改称
平成22年11月居室の模様替工事が完了し、収容定員が520名となる
平成23年1月職業訓練として「調理師科」「選択技能科」を開設
平成23年4月職業訓練として「ネイリスト科」「DIY科」を開設
平成23年7月職業訓練として「コールセンター科」を開設
ページトップ
Copyright © 2012-2016 刑務所.net All Rights Reserved.